電子書籍の登場について

電子書籍の時代がやってくる。
iPadは2010年の登場ですが、AmazonのKindleは2007年にはアメリカで販売されていたそうな。
それ以前にも電子書籍端末は販売されていたのですが、そにーなとが販売はしていてもいまいち一般的には浸透していませんでした。

スポンサード リンク

大手が揃った市場

  • 2010年度のAppleのiPadが元年ともいえるtouchパネル端末のタブレットの土台が固まったともいえる気がします。
  • 遅れること、2012年度にAmazonは日本国内でもKindleの販売を開始しました。
  • それと合わせるように楽天市場も、電子書籍端末のKoboを投入してくる始末。
  • これはいかに電子書籍という市場が大きいかということを表しているものだと思います。

  • かたやGoogleもGooglePLayというインターネットサービスで電子書籍の取り扱いを開始しているのですから、まさに大手が足を揃えている始末。
  • 2012年に発売された、Windows8もタッパネルの特徴を最大限に搭載したOSだったことは、強烈な印象があったのではないでしょうか?
  • 今後

    日本国内には従来から中小の各種電子書籍販売業者が細々とサービス提供していたりしたので今後これらの市場がどのように変化するのかはまだはっきりとは見えてない現状が存在します。

    アメリカ等との差異は、日本の市場に限っては紙の書籍が欧米ほど高い価格では無く、紙の本が一般的に普及している事。
    電子書籍版を出版していても、紙の本と価格差があまりないといった現状が存在します。
    新刊が電子書籍で即発売されないというデメリットも2013年度の時点でも多々見受けられます。
    うまく改善していくといいのですが、現状はまだどうなるのか先は見えないところでしょうか。

    電子書籍の特徴

    amazonのKindleのpaperwhiteや一般の電子書籍端末に用いられているパネルは、「電子ペーパーディスプレイ」という物らしく、通常の液晶ディスプレイとは異なる特徴があるようです。

    コメント

    広告楽天ウィジェット