個人事業主の時代

今後の労働やビジネスシーンにおいては個人事業主の時代だと思います。このままの少子高齢化社会のままでは、絶対に仕事と報酬のπが崩れるからです。
一般的に日本では、学校ではサラリーマンになることを想定とした教育が行われています。
当然自立する為の方法は、社会で働くサラリーマンとしてが前提であるために、誰も独立して働くことは教えてはくれません。
そもそも教員が、大卒で公務員としての教師になるので社会経験は乏しく、一般社会がどのように成り立っているのかを把握していないことが最大の欠陥です。このことから、独立して働くことなどは教師にしてみればファンタジーと同義であり、夢物語でしかないことだと思います。
昨今日本では少子高齢化が加速しておりこれは先進国のどこの国でも見受けられる減少です。このため産業や仕事が、労働人口が減り、消費者層も減ってきているので、新卒採用も激減しています。今後個人事業主は、どんどん増えていく事が考えられます。しかしながら、個人で独立して働く事に挑戦する人はゴロゴロ存在しているのですが、仕事として生活が成り立つ水準になる人もまた一握りであり、成功することはサラリーマンとして働く事よりも相当敷居が高いことだと思います。
今後社会の労働がサラリーマンとしての仕事は確実に減ります。現在においても製造などの分野においては、発展途上国と賃金というコストで凌ぎを削っていることが実情ですのでこれは、今後も拡大していくことは間違いないのです。社蓄とよばれて過酷な労働が当たり前の日本で心身ともに削っていきることが幸せかどうかは知りませんが、個人事業主という選択肢がもっと普及しても良いのではないだろうかとただ思うのでした。

フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、

【新版】フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。 ” align=”right” border=”0″ />

「2014年4月1日消費税アップまでにやっておくべきこと」を完全収録!
わずか1年で第7刷となった旧版に、40ページ超大幅加筆した、「消費税アップ特別パート」を新設!
消費税改正完全対応&決定版!
確定申告時やその他判断に迷うグレーゾーンも、
ぶっちゃけ税理士の「BCG判定」でズバリ回答!
会話形式なので、普段本を読みなれていない人でもすらすら読めて長く使える。

  • 出版社: ダイヤモンド社; 新版
  • 発行日:2012/11/16
  • メーカー: 岩松 正記
  • 【新版】フリーランス、個人事業、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。

    消費税アップでも、新しい「合法的裏技」&「BCG判定」で、あなたも「トク」する。
    2000人超の経営者と対峙してきた税理士が、税金の裏・オモテをズバリ!

    コメント

    広告楽天ウィジェット