携帯電話

携帯電話のキャリアは

  • NTTのドコモ
  • KDDIのau
  • グループ会社で、wimaxなども提供している。

  • ソフトバンクの ソフトバンクモバイル (旧ボーダフォン・jphone)

  • イーモバイル
  • ソフトバンクグループら2012年度に傘下になった。

  • ウィルコム(携帯とは周波数帯が異なる PHS)
  • 再生支援受けている。今後どうなるのかはよくわからん。

  • 日本通信株式会社 というのもあるがこれはSIM提供のみ。
  • 以上かと思うが基本的には上位の3キャリアが一般的なところだろう。

  • NTTのドコモ
  • NTTは、appleとの交渉で折り合いがつかなかったのか、
    KDDIとソフトバンクはiPhoneの提供をしているのにドコモだけがiPhoneが無い携帯キャリアだ。アンドロイドのスマートフォンで乗り継いでいるが今のところ、契約者は右肩下がりだ。

  • KDDIのau
  • iPhoneはソフトバンクに遅れて参入したものの、ひとまずauには頑張ってもらい所だ。NTTとの競い合いで通信事業者としてNTTを超えるくらいであってほしいとすら思う。

  • ソフトバンク
  • ソフトバンクはiPhoneがあったからこそ起死回生できたような携帯キャリア。iPhoneがなければこんな糞電波の会社の携帯使いたいという人はいなかっただろう。しかし、iPhoneで盛り返した後それでも携帯電話の電波事情が改善されない所を見ると相当ずさんな気がしてならない。
    イーモバイル買収だと、アメリカの第3位の通信事業者の買収と2012年10月以降に立て続けに発表したりで、本当孫正義という人物はわけがわからない。データセンターを韓国においていたり、中国との色んな黒い噂が耐えないソフトバンクなので、ソフトバンクだけには関わりたくないところである。

    ガラケー

    ガラパゴス携帯・フューチャーフォンなどと呼ばれる、日本式の携帯電話。
    従来は棒状の携帯電話が普通だったものが折り畳み式などの携帯電話が該当すると思われる。
    今後は携帯する電話としての機能だけがよっほど重要視されないかぎりは、ほとんど

    スマートフォン(スマートホン)

    iPhoneに代表される液晶タッチパネル搭載のキーボードや数字キーが存在しない携帯電話。

    OSに関しては、Appleの、iPhoneのiosか、Google社のAndroidというOSが代表格。
    基本的に世界で見ても大手のAppleとGoogleOSがシェアを占めているので、基本的な端末的な特徴に差異は無い。
    Android端末に関しては、ハードは各種メーカーが提供しているので千差万別である。

    2013年度時点では日本国内において

    コメント

    広告楽天ウィジェット