Appleの軌跡

Appleの軌跡というと今でこそ、Appleは、
ノートPCでは、MacBook 超薄型で先陣を切ったMacbookAirに
スマートフォンはiPhone、
タブレットPCはiPad、
MP3プレイヤーはiPodと、

各種分野の筆頭ですが、実際は2000年大序盤MP3プレイヤーで盛り返すまではいまいちな感があったんですよね。

個人的には、apple→高いので一度も購入したことがない。

スポンサード リンク

AppleはMac

MacbookAirなどは薄い割には高スペックなので欲しいと思う要素はあるものの、具体的な機器のスペックを見ると、通常のBTO PCと比較すると、1世代前のチップセットだったり、オプションのメモリー増設の価格も半端じゃない価格なのでやはりメーカー製PCを買うにはちょっと高いのがネックだったので、今まで一度も購入したことが無いので縁がない。

PC初期

80年代のPCは、高価格で、一般人では個人で買う人は物好きな人が多い時代であった。1980年代というと、任天堂のファミリーコンピューター(ファミコンの初代)が発売されている時代で、コンピューター的な機器がほとんど存在していなかった。プログラマーなどくらいしかPCに触れることはなかったんじゃないだろうか?
当時日本製のPCやCPUなどもあったようではありますが、この時代についてはあまり知らないので省く。

PC普及時期

90年代初頭はmacは強かった。
しかしまだこの時点でもワープロがあったり通信端末はポケベルだったりで、PC自体はウィンドウズ95で多少はマイクロソフトが盛り上げて、PCゲームやインターネットインフラもちらほら出始めてはいたものの、デスクトップPCでも価格が高かったので、MAacなんぞは更に高いイメージがあったのでハードを見かける機会もなかったさ。

マイクロソフトがPC市場を圧倒

マイクロソフトがビルゲイツ、Appleがスティーブ・ジョブズなわけだが…。
この2社間も従来、パクリパクラレで裁判を起こしまくっていたようなイメージしかほとんどない。

今後のPC市場の行方

マイクロソフトがビルゲイツは、既にマイクロソフトは離れて、慈善活動なんぞをそているようで、
スティーブ・ジョブズが死没 2011年10月5日(満56歳没)なので、今後のAppleがどうなっていくのかは知らないが、今後のPC関連の企業とPCそのものの発展がどのようになっていくのかはわからないが、appleが今の栄光を数十年後も持ち続けられる要素が今のところだんだん薄れていっているのが加速しているようにも思えるんだけどなぁ。
パソコンの知識

アンドロイド携帯(スマートフォン)

デコ電とは

iPhone大好き日本人

バカッターとは

コメント

広告楽天ウィジェット