蕎麦屋で自分を洗ったアルバイト店員そして炎上 バカッター

蕎麦屋でまさかのあるまじき行為。
今でも普通に画像が残っている。

投稿日は古かった

洗浄機で洗われてきれいになっちゃった 笑  笑  |ゆうやさんのついっぷるトレンド画像

http://tr.twipple.jp/p/8b/2dc192.html?__from=recent
写真が投稿された日にちは、2013年の7月06日に投稿された様子。

炎上が続いている昨今ですが、twitterアカウントは削除しているようですが、古い投稿画像が残っていて燃えるケースが後を立たない。普段からバカなことをしているから炎上が発覚した後も消す事ができずに、こうなっているのでしょうけど・・・

大学生が普段この程度でしかtwitterだとかインターネットサービスを使いこなせない現状が痛いしい。今後彼らを新卒で雇うことになる会社達は、インターネットの利用では爆弾を抱え込むことになる。この為今後インターネットで炎上した学生などのデータを企業がブラックリスト化することも容易に考えられそうではあるが、今のところそういった類の情報はコレというものが明確には無いが、無いとはいいきれないので、炎上することは極力回避しないと、自分の人生を自ら棒に振るのは馬鹿の証でしかない。

インターネットの炎上で被害はどの程度なのか?

例えば他の例でも、プライベートの携帯電話端末などで、ショップ店員が、「芸能人の***が来た」などという無知なことをやらかす社会人の炎上はいまだありふれている。こういったインターネットの使い方が全くできていない無知を雇うと会社は損害だけょ膿む事になる。会社の看板に泥を塗られるとイメージは容易に回復しない。
大手フランチャイズなどのように、顧客が、不特定多数で日ごろの利用者に対して影響が無い場合などは、インターネットの炎上で直接の損失自体は少ないのかもしれないが、それでも内容次第によっては、確実にイメージ低下は招いてしまう。

~店員が洗浄機に入ったことがネット上で問題に~

  • 公開日:2013.10.18
  •   (有)泰尚(TSR企業コード:330312332、町田市鶴川4-8-5、設立昭和62年7月、資本金1000万円、小川純子社長)は東京地裁に破産を申請し10月9日、破産開始決定を受けた。破産管財人には山口太郎弁護士(山口久夫法律事務所、新宿区新小川町6-36、電話03-3269-9509)が選任された。
     負債総額は現在調査中。http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1241958_1588.html?s=rss&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

    追記:1:17 2013/10/19

    コメント

    広告楽天ウィジェット