セックスワーク

セックスワークSex workという記事があったのでドンな記事なのかさらっと見てみたけど性も無いことしか書いていなかった。
大抵の売春の分化で女性ばかりに視点が捕らわれる為に男娼が取り扱われることは無い。この差はなんなのかに着目点置かないと成長は無いと思う。

  • セックスワークについて
    http://blogos.com/article/63222/
    ブロゴスの記事だが、いまいちパッとしないだけの長文記事だ。
  • 著者が何が良いたいのか簡潔に1Pにまとめてくれたほうが解りやすい気がするのだがこれだとトンちんかんでしかない。

    男娼という視点は無い、人間の言うことなんぞに一切価値が無いと思うんだけども。すべての性産業は女性だけでなりたっていると思っているのだろうか?大抵経営者や裏でetcやっているのは男性が暗躍している部分もあるだろうし、そのあたりに対するツッコミが無い以上薄っぺらい議論でしかない。

    比較的男娼があるとされている地域は、男性も仕事が無い地域が多い。
    性欲は、男性は有るのが健常なわけで、性産業は無くなることはないのだろう。需要があればニーズがあるで、貧しい国家や地域でも男娼はありうる。
    例えば日本でホストとかが出てきた時代というのは、経済は確実に下がり切っている時期で、ITバブルとかのやや少し前だった気もする。(1990年代末)
    ただ、この時地方でもホスト産業があったかというとそういうことは無かった。これはニーズの問題だろう。
    中国とかは国の政策の反動で、女性よりも男性の方が多い社会構造が意図的に生まれてしまった感が有る。
    中東などは、性に対して厳しいのでそもそも男娼は成り立たない。それこそが違法なのだから。
    逆に文化的に寛容な地域ほど、男娼は発生する。

    何故女性の性売春ばかりが着目されるか?というのは、単純に、需要や性犯罪の比率が多いからということでは無いのだろうか?
    フラットに、中立な性の立ち位置で物事を考えることができる人間が少ないのことが問題点と有ると思う。

    成人男性と成人女性で比較するから、男性の方が力はあるからなどという発想をする人もいるかもしれないが、成人女性が、男の子に性的な虐待が0だということは、必ずしも無いといいきれるのだろうか?
    件数がすくなければ、0だとされたりするのであれば、そもそもどうかと思うところであるし、性別にイチイチ捕らわれる価値観の方がキチガイじみていると思うのだが。
    素直に人権の有りようを議論したほうがよっぽどまともな議論ができると思うのだが、ジェンダーという認識が少ない日本社会ではそうそう性に対する考えが向上するとは思えないのであった。

    コメント

    広告楽天ウィジェット