Windows7

windows7

windows7

Windows7についてですが、あなたはウィンドウズはXPですか?VISTAでしょうか?或いは、7ですか?或いは最新の8でしょうか?最近はOSの発売サイクルが早くなっているような感じがしますが実際には3年~4年間サイクルでマイクロソフトは次のOSを発売しているのが現状です。
WindowsVISTAを基盤として作られたOSが、Windows7です。VISTAは、大きくコケたOSでマイクロソフトの負の遺産となってしまった印象が強いOSです。(それ以前にも同様に悪評がついたOSは存在していましたが。)
その後7で好評を獲得することが出来ましたが、この間、macを販売しているAppleは、スマートフォン市場で、iPhoneの投入で牙城を築き、iPadでタブレット市場を占有している中で、ウィンドウズフォンは脚光を浴びる事はありませんでした。この流れはWindows8にも引き継がれてはいるようですが、8はタブレットPC対応になっているため、どうしてもWindows8は特別なOSという印象があります。

Windows7での変更点

Windows7では最大のインパクトは64BITOSの普及でしょうか。従来のXPやVISTAでは、32bitOSがメジャーだった為に、メモリーが3.1Gb程度しか認識してくれませんでした。しかし7で、64bitOSが普及した事により、メモリーは最大で128GB程度まで理論値では認識してくれるようになりましたので相当システム的に余裕の尺が生まれたことになります。
ただしこのメリットとは半面にドライバーの対応が遅れたりしたことで各種設定が困った部分も存在していました。
XP時代が長かった為、サウンド設定はXPに関しては意外とミキサー方法も充実した解説サイトが存在していたのですが、7になるとそのようにスムーズにはいきませんでした。

Windows7が発売されて2013年1月現在では既に丸3年が経過しているので、設定でドライバーが対応していないということはよっぽど古い機器でない限りは、起きないと思いますが、今ではWindows8も発売されているので今後はWindows8の対応への以降が引っかかるところです。

OSの仕様変更で悩まされるのはパーツメーカーも、ユーザーも、いつも同じかも知れませんが、Windows8で、あそこまでUIが激変した事は相当ネックな感じがす。

2013年6月14日時点

追記
2012年度末頃に、windows8が発売されて、2014年度4月には、XPがサポートが終了します。
果たして、スマートフォンとタブレット端末が一般人に普及してインターネットの接続者数の50パーセントくらいはスマホとタブレットが占めているという昨今ですが、今後一体どのOSが主流になるのか未知数ですね。
windowsは迷走(PC向けOSと、タブレットOSをごっちゃにしたのは致命的。むしろ爆ぜろと思う)
iosは、ジョブズ無き今のappleには、象徴がないですし
Android端末は、Googleも多分本腰では無い気がしなくもない。(Google glassが次世代端末として地位を築いたらアンドロイドはどうなるやら。)
Firefoxもスマートフォン等にに向けたOS提供という展開ですから更に迷走しそうですね。

Appleのジョブズ無き今、多分モバイル端末はGoogleグラスが次の一手を打つくらいだろうか。

コメント

広告楽天ウィジェット