派遣社員や工場の請負社員が低辺の理由

派遣社員や工場の請負社員が低辺の理由について

  • いつでも切れる契約。
  • 雇用は派遣元・請負元との契約。(まともに雇用されていない)
  • 一生時給単価の賃金。賞与も無し

派遣社員や工場の請負社員でも良いという人はそれでいい

これらの条件で良いという人は派遣社員や工場の請負社員という雇用形態で働くのは自己責任だ。
解雇されたからといって文句を言うのがそもそもお門違い。

下手な反抗

秋葉原無差別殺傷事件だとか農薬混入の事件ではないものの、
根本的にそういう契約の根本を覆すことができない雇用契約で働いているのだから、
うっ憤を犯罪行為などで行うのは無茶苦茶すぎである。
ただしでもなども碌な成果に結びつくことは無いのでもうちょっと頭を使うべきだろう。

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

Tokyoで見つける仕事と住まいの同時提供サービス

【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

広がる非正規雇用。

今後は少子高齢化社会だ。
だからといって正規雇用の社員の比率が改善するわけではない。
当然、非正規雇用は拡大する。
増やした非正規雇用の割合が増えるということではなく今よりも労働者が少なくて済む世の中になるだけだ。
人員削減+海外からの労働者に依存することになる。
結果として自分で稼ぐことができない人間は非正規雇用のまま正社員になることは到底できず一生貧乏のまま暮らしていかないといけなくなる。

若い人は有利

20代が唯一チャンスが豊富な年代。
30になったら転職の道は無い。
それこそ一生派遣のままだ。
ホワイトな会社に正社員として転職なんて宝くじにあたるようなものだ。
全額日払い・完全自由出勤 ・ 厚労省認可
キャバクラ派遣【TRY18】
空いた時間で高収入!1日4時間からOK