在宅ワークで稼げる仕事とは?稼ぐ方法


自宅で稼ぐには最初に思いつくのが在宅ワークではないだろうか?
在宅ワークで稼げる仕事について紹介したい。
インターネット環境とパソコンがあれば
請け負うことができる在宅で出来る仕事は多い。
個人と会社との1:1の取引の中に、間に取引用のWEBサービスを介することが最近では主流。

クラウドソーシング

取引先(発注先)と会うことがないままに仕事を請け負い
仕事を収めて
報酬が貰えるインターネット上の在宅ワークの仕事を請け負う方法だ。
例えばクラウドワークス

他にココナラもクラウドソーシングの仕事請負サイトだ
ココナラとは 「恋愛相談」「デザイン制作」「リサーチ業務代行」等々、 個人が自分の知識・スキル・経験をお手頃価格で売買出来る 人気急上昇中のオンラインマーケット!

文章作成




文章作成が
コンテンツSEOの一環として、よく用いられるようになったためクラウドソーシングでは記事作成の仕事が多い。
発注者によっては報酬をアップさせる事例もあるため気長に取引件数を積み重ねる以外にない。

画像作成

ロゴ作成や、画像加工など
内容は多岐にわたる。
オークション出品用の画像修正や
サイトに掲載する画像の光度や色見サイズ調整など。

サイト作成

WEBサイト作成の仕事や
他にサイトの修正の仕事や、ECサイトの運用など様々
スクリプトなどを求められる案件も踏めると多岐にわたる。
ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

アフィリエイト

ある意味アフィリエイトも在宅ワークと呼べるのかもしれない。
法人化するほど利益がある場合はビジネス(事業)といえる規模になる。
しかしアフィリエイトを開始して毎月100万円の報酬を獲得できるようになるにはハードルは高い。
ただしアフィリエイトで毎月の小遣い(数万円)を稼ぐ程度には、すぐになれる。
副業としてアフィリエイトに取り組む場合は、年収20万円以上稼ぐと確定申告の義務が発生することは頭に入れておきたい。

動画アフィリエイト

ユーチューバーに代表されるような動画を使った広告収入を獲得する方法。
著名な動画配信者だとシバターという人物は月収150万円YouTubeで稼いでいると豪語している。
他に高校生ユーチューバーの桐崎栄二(きりざきえいじ)という人も2015年12月時点の報酬は100万円超えたと生配信で発言していた。
動画を撮影して
編集して
アップロードするだけで
再生回数を稼ぐことができれば収益化しやすいため、
比較的YouTubeに動画アップロードを始める人が多いと考えられる。

アフィリエイトの基本は物販

動画アフィリが注目されやすい現在ですが
アフィリエイトの基本は物販だ。
インターネットの商取引も右肩上がりで増えているのが現実です。
もう遅いなどということはなく、
ECサイトの規模は増えているのですから
今参入しないというのは、チャンスを捨てることと一緒です。
カンファレンスバナー
アフィリエイトは開始するのも、継続するのも費用は掛からない。
無料ブログからも開始可能ですが
基本的には独自ドメインの取得と
レンタルサーバーの利用を押したい。