ニートについて解説します!

女子高校生の制服姿
ニートとは、就労できる年齢で、「働いていない」か「修学していない」で日本では34歳以下の若い世代を指す言葉だ。
元々は欧州の言葉がニートの由来だ。
厚生労働省が若年層の失業率などの把握のために定義している単語。

極論若い世代で宝くじで数億円当選したりでもすれば、普通の人ならニートになりそうなものだとも思う。
むしろニートでいたいとすら思う。
貯蓄さえあれば、圧迫面接だとか、満員電車の通勤生活などを送るよりも相当精神手には楽だろう。
楽天市場で『ニート』検索する。

ニートと引きこもり

勘違いされやすい言葉として、引き篭もりが有る。
ニートと、引きこもりとは異なる点が、引きこもりは自発的に自宅に引き篭っていることだ。
社会において活動は限定的、或いは一切無い。
貯蓄を食いつぶしながら就職活動もすることもなく、自営するでもなく、ただ世帯主などの生活費を依存して浪費しているようなイメージが大半だ。
病気怪我などで療養中の場合は引き篭もりには該当しない。
自宅でこもってクリエイティブな創作活動を行っていたりプログラムを書いて自営業している人らに対しては「引き篭もり」とは呼ばない。
この差は仕事をやっているか否かだろう。
30代程度で、退職して一人暮らしで、自宅に引きこもっている場合にどちらが適当かなどは、具体的な線引きは無い。
逆にニートは働いていない、通学していないだけであり、無職のプータロウと呼ばれるものと似ている。
この差は、貯蓄があるか無いかも一つの要素。
就労意欲があるかないかは関係ない。
会社員(勤め人)でなく『無職である事』を前提として、
『就職活動しているか?』『学業についているか?』この2つを満たさないことで「ニート」が当てはまる。
日本では、年齢の定義では34歳未満とされている。(就労人口の層で、”若年層”の定義として今が34歳というだけで厚生労働省のさじ加減で言葉の意味は変わる)
20代の既卒・ニート・フリーター・大学中退・高卒・第二新卒を専門にした就職支援! 再就職ならジェイック
ニート向けに、このようなサービスまで開始されているのが現実だ。

日本国民の3大義務

日本は労働を義務付けている。

  • 教育を受けさせる義務
  • 勤労の義務
  • 納税の義務
  • 教育を受けさせる義務というのは義務教育の年齢の子供に教育を与える事を保護させるためのものだということはあって脅してでも行かせるものでは無い事はある。
    ただし公立の学校で、中学生ですらいじめで自殺に追い込まれている事例が存在するのもどうかと思う。

    会社経営者でも無知

    勤労と納税が有ることはワタミの元代表の渡邉美樹氏が、昔ニートは罪だと発言していたことは、法律が勤労を義務付けていることが根拠にあるのだろう。
    ただこれもおかしな話で、もしも貯蓄が有り余るほどあった場合にそれでも働かないといけないというのは至極不満が上がる所だと思う。所得税以外にも日本には住民税やその他諸々色んな所で税金は納めるシーンは多いのにだ。
    法律が定める所の、勤労の義務の意味合いを履き違える人は脅威でしかない。
    この法律の解釈も戦後様々な解釈がなされているが見直しはまともにされない分野なのも疑問に感じる。相続税などが高い日本において、不労所得だけで生きていける一族は成り立たないと思えたりもするのだが。

    ただし凝りも解釈がそもそも曖昧で「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。」となっている。
    現実に働きたくても条件が合わず働けない人もいるだろう。
    ホームレスの人が空き缶拾って暮らしている姿は2013年度でも見受けられる。
    高齢になればなるほど働きたくとも雇用の場が無い。ということが現状在る。

    法律がそもそもおかしい

    生活保護の最低限度の文化的生活というのは、漏れることなく実施されているものでも無いので割愛。
    日本社会は弱者を叩くには制度や法律との矛盾が多々見られるが、誰も正そうとはしないへんな社会である事は確かだ。
    反面、いじめ、パワハラ・セクハラ・ストレス・過労死・自殺などで被害に遭う人の救済策も加害者への罰則も弱い国だ。
    当然ニートや引きこもり、その他社会的な弱者が増えやすい社会なのはいうまでもない。

    パソナキャリア

    パソナキャリア

    Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト WEB業界への転職ならSwitch.(スウィッチ)!