小売りのスーパーマーケットが滅ぶ理由

小売りのスーパーマーケットが滅ぶ理由は一言で言うと少子高齢化が大きい。
従来は1万人程度の地方でもスーパーがそれなり繁盛していた地域でも
高齢者層が増えると買いに行く事が出来なくなったり
収入が減ることから消費も減り
売り上げが激減するスパイラルが起きる。

高齢化の余波

  • 収入が減る⇒年金生活+医療費負担増加で消費が減る。
  • 車の運転ができない⇒買いに行く事が出来ない
  • 大型スーパーは先んじている

    イトーヨーカドー等大手資本のスーパーは、
    自社で宅配サービスを開始している。
    セブンイレブンですら店舗によっては宅配サービスを開始している。

    インターネットサービスの普及

    地域によるもののインターネットサービスで食品から服・本、電化製品までありとあらゆるものが購入可能にった現在
    スーパーに買い物に行かなくても生活することは可能だ。

    スーパーマーケットに求められるもの

    少子高齢化・消費の変化に柔軟に対応できない小売りサービスは滅ぶだろう。
    宅配・商品・地域いろいろな面で適切に対応できない限りはどんどんスーパーマーケットは潰れていくことが予想される。
    コンビニですら中食といった消費を起こしたり、他ファーストフード店の消費を奪うような戦略でシノギを削っているのにもかかわらず
    スーパーだけが何も変化しないでいられると考える方が間抜けなのだ。